2013年02月18日

久々にお酒の話

今日は二十四節気の一つ「雨水」朝から雨、正に「雨水」歩道の雪も消え春が待ち遠しい。
毎年姉から貰う穴水でとれる蠣が今年も届いた。
新鮮そのもの、カキフライ,酢がきでいただく。

IMGP1373_1.JPG

平成23年11月から変な事から晩酌をやめたが酢がきとくればやはり「酒」。
酒は燗をして飲むものと決めていたが最近の酒は冷やで飲めばおいしい酒が増えてきた
千枚田がまさしくその酒、日本酒のコマーシャルは和服に徳利に燗酒、これで良いのだろ
うか、久々に酒を飲み感じたことです。(生意気なことを言いすみません)
ワインの様にビンから注ぎながら飲む、美味しいですぞ!。
posted by わじまおみやげ館 at 21:03| Comment(0) | お酒のお話

2011年07月06日

今日はおさかなづくし、出番のお酒は

今日も魚屋さんが輪島港であがった新鮮な魚をいっぱい持って。

あまえび.jpg  IMG_2209.JPG

甘海老、地元でとれた野菜を使いかき揚げ、鰺の刺身。

IMG_2212_1.JPG

揃ったところで地酒の出番、純米酒「千枚田」、「おれの酒」冷でよし、燗でよし
酒が料理を引き立てます。世相を忘れるひと時です。
posted by わじまおみやげ館 at 21:57| Comment(2) | お酒のお話

2011年07月03日

今晩の出番は

テレビの料理番組で、豚バラの塩漬けをつくり、それを使った料理を紹介していました。
我が家でもさっそく豚バラ塩漬けを作り、第一作として、ポトフを作ったところとても美味
しく出来ました。

ポトフ.jpg

お酒は何を…、出番はワインに落ち着きました。
posted by わじまおみやげ館 at 21:44| Comment(2) | お酒のお話

2011年06月30日

お酒の出番

夕食前、近所のお食事処割烹「のと一」の親父さんが、焼きたてアツアツ鮎の塩焼きを
届けてくれました。
夕食、酒は地元清水酒造辛口「能登誉」を一口、口に含み蓼酢で鮎をほおばる、
地鮎独特の香りが口に広がる。

鮎1.jpg

「のと一」割烹でありながら、居酒屋風の気楽さ、鮎は日により形は不揃いだが、
天然地鮎にこだわるところが嬉しい。
私の鮎好きを知って、何年来アユ漁解禁になると初物を届けてくれる。
おかげさまで、久々の「日本酒日」になりました。鮎に感謝。

posted by わじまおみやげ館 at 23:28| Comment(1) | お酒のお話

2011年06月29日

初物きゅうり

今日は鬱陶しい梅雨の中休みか昨日と打って変わって快晴、久々に
爽やかな空の下グランドゴルフを楽しむ姿が見られました。

Iゴルフ2.jpg

我が家の屋上ガーデンのきゅうりが採れました、菜園の野菜たち
の中で食卓一番乗りです。

Iきゅうり.jpg
早速今晩のおかずに、もぎたて、新鮮さが何とも言えぬ美味しさです。
夕食につきもの今晩のバーおさけはワイン、長い間日本酒を飲んでい
ません。
日本酒が嫌いではないが、やはりこの料理では、ワインか、ビール。
地元作り酒屋の親父が嘆いていた、「なぜ日本酒を飲まないのか」返答に困った。

答えが少し解ってきた、  つづく。
posted by わじまおみやげ館 at 21:38| Comment(2) | お酒のお話

2011年06月28日

すっかり慣れました。

ものは考えようアルコール、毎晩飲んでいます、それでもアルコール0・00の文 字が目に止まり、
気になりながら不思議な気持ちで、グラスを傾け「ごっくん」のど越し爽やか。
飲めるんです、誰かが言いましたね、これって「想定外」なんだよねー」

IMG_1984_1.JPG   IMG_1988_1.JPG         
  
酒とはなんだろう?、これから飲みながら、感じたこと、思ったこと
つぶやきます。  乞うご期待。
posted by わじまおみやげ館 at 22:43| Comment(1) | お酒のお話